Scuderia di Mandlino

主な活動歴
1995年 カザルスホール第8回アマチュア室内楽フェスティバル(カザルスホール)
     大倉山水曜コンサート秋の芸術祭(横浜市大倉山記念館)

1996年 C&Vオルケスタ・マンドリーノ第16回定期演奏会(なかのZERO大ホール)

1997年 カザルスホール第10回アマチュア室内楽フェスティバル(カザルスホール)
      第1回定期演奏会(かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール)

1999年 C&Vオルケスタ・マンドリーノ第1回アンサンブルコンサート
      (かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール)

2000年 子供の未来を考える会(市川市民文化会館) C&Vオルケスタ・マンドリーノ
      第2回アンサンブルコンサート(川口リリアホール)

2001年 第2回定期演奏会(かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール) C&Vオルケスタ・マンドリーノ
      第3回アンサンブルコンサート(滝野川会館)

2002年 第3回定期演奏会(すみだトリフォニ―小ホール

2004年3月23日 (株)コンポジラよりCDアルバム「I〜primo」リリース

Scuderia di Mandolinoプロフィール

・ 山室繁央(Mandolin)…第12回日本マンドリン独奏コンクールにおいて高校生で初の1位を受賞したマンドリンの名手。
・ 佐々木卓哉(Mandolin)…高校時代は関東でマンドリンの神様と崇められたほどの卓越した技巧の持ち主。
・ 山下けーすけ(Mandolin)…バラライカも演奏できるテクニシャン。
・ 坂野慎哉(Mandola)…オリジナル曲の作曲他、ストリート・パフォーマンスも行うバンド唯一のパフォーマー。
・ 細野昭美(Mandola)…オリジナル曲の作曲も担当するマンドラのプロ。
・ 大橋恵太郎(Mandolin Cello)…マンドリン合奏の低音部を支えるマンドリンセロの鉄人。
・ 宮下研(Guitar)…哀愁のギターを奏でる達人。
・ 田中愛子(Piano)…スクーデリア・マンドリーノのマドンナ。

 メンバーは、明治中学、高校時代をマンドリン部ですごし、1995年、カザルスホールアマチュア室内楽フェスティバルに
 参加の為、「Scuderia di Mandolino」を結成しました。
  その後、大倉山水曜コンサートや何度かの室内楽フェスティバルに出演し、1997年初の単独コンサートをかつしか
 シンフォニーヒルズアイリスホールで開催しました。
  その他にもすみだトリフォニ―ホールや、イベント等での演奏活動を精力的に行っています。